アクロスホーム株式会社
一級建築士事務所

NEWS

2022.02.07 (Mon)

こどもみらい住宅支援事業について

こどもみらい住宅支援事業について

国の新しい事業「こどもみらい住宅支援事業」が実施されます。

一定の省エネ基準を満たす新築住宅の購入に最大100万円を補助し、子育て世帯や若者夫婦世帯の住宅取得に負担軽減を図る事業です。

 

こどもみらい住宅支援事業とは?

子育て支援及び2050年カーボンニュートラルの実現の観点から、子育て世帯や若者夫婦世帯による高い省エネ性能を有する新築住宅の取得や住宅の省エネ改修等に対して補助することにより、子育て世帯や若者夫婦世帯の住宅取得に伴う負担軽減を図るとともに、省エネ性能を有する住宅ストックの形成を図る事業です。

この事業では542億円の予算が設定されており、予算が消化された時点で終了となります。

 

対象となる世帯は?

「こどもみらい住宅支援事業」の対象となる「子育て世帯、または若者夫婦世帯」は、それぞれ次のとおりです。

子育て世帯 18歳未満の子を有する世帯
若者夫婦世帯 夫婦のいずれかが39歳以下の世帯
※年齢はいずれも2021年4月1日時点

 

 

どうしたら補助を受けられるの?

あらかじめ事業者登録をした住宅事業者(事業者登録が必要)が、弊社で住宅を新築されるお客様に代わって申請を行います。お客様が直接交付申請を行うことはできません。

補助の対象となる住宅は、「建築主自らが居住する」「高い省エネ性能を有する」「土砂災害特別警戒区域外に立地する」などの条件を満たす必要があります。

省エネ性能は次のような要件があり、アクロスホームの新築住宅では青字が該当します。

対象住宅 補助額
ZEH Nearly ZEH ZEH Ready ZEH Oriented

(強化外皮基準かつ再エネを除く一次エネルギー消費量-20%に適合するもの)

100万円/戸
②高い省エネ性能等を有する住宅

認定長期優良住宅、認定低炭素建築物、性能向上計画認定住宅

80万円/戸
③省エネ基準に適合する住宅

(断熱等級4かつ一次エネ等級4以上を満たす住宅)

60万円/戸
※対象となる住宅の延べ面積は、50㎡以上とする

 

 

いつから受けられるの?対象期間は?

補助金交付の申請は、2022年3月ごろから2022年10月31日までの期間とされています。

なお、補助金交付申請を行うためには、次の要件を満たす必要があります。

工事請負契約 建築着工
2021年11月26日から

2022年10月31日までに締結

事業者登録後、2022年10月31日までに着工

基礎工事、または補助額以上の出来高の工事完了後

※アクロスホームは既に事業者登録済です

 

 

 

なお、本制度についての情報は随時更新されていますので、最新の情報は国土交通省のサイトでご確認ください。

詳しくは、弊社担当スタッフにご相談ください。