御代田町/M様邸

BinOCOVACO

花と緑に囲まれる日々

花と緑に囲まれる日々

「あのヤマボウシは、お隣さんの木の実を鳥が落としたもの。約8年でここまで大きくなったんですよ。大好きなジューンベリーは毎年たくさんの実をつけてくれるので、脚立にのぼって収穫しジャムにしています。デッキのフェンスに絡んで目隠ししてくれているのは、アイスバーグというバラ。光を受けると葉の美しさが引き立ってとってもキレイなの」と奥様。

都会の喧騒を離れ、緑あふれる信州へ——。
浅間山麓の別荘に足しげく通っていたMさん。
4年半の二拠点居住の末、住み慣れた横浜のマンションを
娘さんに譲り渡し、夫婦で信州へ移住しました。
家づくりの経緯といまの暮らしについて伺いました。

「庭仕事は前からずっとやりたいと思っていたんです。マンションではせいぜいベランダで鉢植えを楽しむくらいでしょう? だから自分で手入れできるくらいの広さの庭をもちたいなって」
そう声を弾ませる奥様の視線の先には、葉色に特徴のあるアメリカハナズオウやニセアカシアフリーシアが、のびのびと枝葉を広げています。通り沿いにはエゴノキとアオダモ、オオデマリ。玄関前にはジューンベリー。足元をサギゴケやアジュガなどの下草が彩ります。
まるで森のように豊かな庭は、Mさんご夫妻が約8年半かけてつくりあげたもの。ここからは想像もつきませんが、家を建てる前はなんと草1本ない更地だったそう。今では大きく生長した樹々や瑞々しい草花も、すべて自分たちで苗木を植えたり、鳥や風の運んだタネが自生したものばかりです。
野鳥や小動物たちが躍動する春先から秋までが、M家の繁忙期。奥様は庭の手入れに精を出します。普段はここを拠点に仕事をし、月に2度ほど都会の仕事場へ通うご主人も、週末になればDIYで棚などをつくったり薪づくりで汗を流したりと、信州暮らしを満喫しています。
もともとセカンドハウスとして考えていたこの平屋。二人だけなら大きな家はいらないと、年齢や経済面も考え、長く安心して暮らせる家を探すうち、アクロスホームのCOVACOに辿り着きます。

花と緑に囲まれる日々

家を建てる前は全くの更地だったというM邸。この豊かな庭からは想像もできない。

花と緑に囲まれる日々

別荘でのコミュニティづくりのきっかけは、やはり庭。庭仕事をしていると散歩中の人が声をかけてくれ自然に仲良くなれたそう。

花と緑に囲まれる日々

リビングの大窓からは、ウッドデッキを介して庭の風景が楽しめる。平屋の光の届きにくさは随所に鏡を置くことで解消。外の光や風景を呼び込んで、明るさと広がりを生んでいる。

「災害級の大雪の中、現場に駆けつけてくれたことに感動しました」

「最初は自分たちがセカンドハウスをもつこと自体、贅沢かなと不安だったんです。生計は?光熱費は?ちゃんと維持できるのかなって。初めての土地でわからないことだらけですし。だから計画は綿密に立てました。薪ストーブの薪は買わずに、自力でつくって節約しよう、とかね(笑)」
COVACOを選んだのは、天井の低い落ち着いた空間が気に入ったのと、長期優良住宅対応の優れた住宅性能に惹かれて。
「寒い地域は、家が広いと暖房費も大変でしょう? COVACOはコンパクトな上に高性能だから冷暖房の効きが良い。心配していたほど光熱費がかからない点も、私たちにとっては大きな魅力でした」
そうして4年半の別荘暮らしの後、移住へ踏み切ったご夫妻。不安はなかったのか問うとご主人は、「ここが大好きなので新幹線通勤も苦になりません。ちょうどリモートワークが普及し始めたこともタイミング的にはよかったですね」。一方、奥様は「仲良しの友だちと離れるのが寂しくて。でも二拠点居住で培った別荘コミュニティが、私の背中を押してくれました」
実は、家の完成前に災害級の大雪が降ったことがあったとか。
「そんな大変な時なのに、アクロスホームの若いスタッフさんが現場に駆けつけてくれて、うちだけでなく、大雪に困っていたお隣さんの分まで雪かきをしてくださったんです。本当に嬉しくて感動しました」
今は、移住前に思い描いていた暮らしに近づけているというご夫妻。
「四季の移ろいがとても美しいんです。花が開けば、ああ今年もまた咲いてくれたなと季節を感じますし、冬は水墨画のような風景になってしまいますが、それもまた綺麗だなって思うし……。自然や食の豊かさ、温泉なども含め、季節によって楽しみ方を変えていける。都会にはない魅力が信州にはあるんです。今でも時々、娘家族に会いに横浜へ行くのですけど、主人は一刻も早くこっちに帰りたくて仕方ないみたい。『ね、いつ帰る?いつ帰る?』って(笑)」

花と緑に囲まれる日々

右に見える物置小屋は、近所の友人に手伝ってもらって自作したもの。薪棚もすべてご主人によるDIY。買うと高い薪づくりは、原木から玉切り、薪割りまで、自分たちの力でやろうと決めていたそう。

花と緑に囲まれる日々

玄関横の白いアンティークの収納棚は、マンション時代からの愛用品。横に吊るされたドライフラワーは、もちろん自宅の庭でとれたもの。

花と緑に囲まれる日々

寒さで外仕事ができない冬こそDIYの好機。室内の棚やテーブル、椅子、チェストなどあらゆるものをサンダーで研磨し、オイルステインで好みの色に仕上げたそう。

花と緑に囲まれる日々

耐久性にも優れたCOVACOの落ち着いた空間がお気に入り。次はDIYで梁を除いた天井部分をエクリュ色に塗るつもり。

花と緑に囲まれる日々

薪ストーブのアンティークレンガを始め、玄関やトイレのタイルも全部自分たちでDIY。「主人がこんなにDIY好きだったなんて、こちらに来て初めて知りました(笑)」。DIYをする余白があるCOVACOならではの楽しみだ。

花と緑に囲まれる日々

「大好きな浅間山が綺麗に見えた時は感動します。毎朝、声をかけるんですよ、おはよう、浅間って。毎日眺めているのに決して見飽きることがありません」

花と緑に囲まれる日々

最初から自分たちでやると決めていた薪づくり。二人で力を合わせて、玉切りからされるという。

花と緑に囲まれる日々

窓際で読書するご主人。この家が大好きで、新幹線通勤も苦にならなかったと穏やかに語る。

PLAN

BinO
COVACO

  • 延床面積

    79.49㎡

  • 1F床面積

    79.49㎡

PLAN

CATALOG

カタログ

MAIL CONTACT

お問合せ

RESERVATION

見学予約

TEL CONTACT

電話する