アクロスホーム株式会社
一級建築士事務所

LIFESTYLE VOICE(住まいnet信州掲載)

+BOXが叶えた
プライベートガーデンで遊ぶ家

長野市

BinOLOAFER +BOX

+BOXが叶えたプライベートガーデンで遊ぶ家

基本形となるLOAFERに、8帖大のBOXをプラスしたアクロスホーム独自のアレンジスタイル。このプラスαのスペースが、暮らしの幅を大きく広げてくれる。

性能の優れた規格住宅に、
その人らしさとオリジナリティをプラス!
小さなBOXがもたらす
大きな自由と暮らす愉しみ

それぞれに仕事をもち、多忙な日々を送るNさん夫妻。貴重なプライベートの時間を誰に気兼ねすることなく、自然に親しみながら過ごしたいと考えていたそう。そんな夫妻は、住まいの参考にと訪れた小島ベースのL O A F E Rをひと目で気に入りました。平屋とロフトを組み合わせた開放的な空間構成、太陽光や薪ストーブなど再生可能エネルギーを活用するコンセプト、素材の質感を生かしたセンスのいいデザイン、そして規格住宅ならではの高いコストパフォーマンス。
「ここに、夢見ていたプライベートガーデンがつくれたら最高なのに——」
その思いを、アクロスホームは「+B O X」という提案で実現しました。

+BOXが叶えたプライベートガーデンで遊ぶ家

ブリックタイル、アイアン、レザーなどの素材を組み合わせ、ブルックリンスタイルにコーディネートされた室内。

+BOXが叶えたプライベートガーデンで遊ぶ家

シックなグリーンのタイルとハイタイプのカウンター、吊り下げシェルフで大人な空間に仕上げたキッチン。

+BOXが叶えたプライベートガーデンで遊ぶ家

小島ベースのLOAFERモデルハウスを参考にコーディネートしたインテリア。薪ストーブを置いたダイニングを中心に上下階がおおらかにつながる。

のびのび過ごせる庭で週末が楽しく

L O A F E Rの四角いベースプランに対してL字型に2間×2間の寝室を増設し、さらに敷地の一角をウッドフェンスで囲むことで、外からの視線を気にせずくつろげる庭に。室内と外を結ぶデッキもL字形にすることで、リビング・庭・寝室を気軽に行き来できる動線が生まれます。
こうして新居と「室内のようにのびのびと過ごせる庭」を手に入れたNさん夫妻。ストーブのための薪割りや庭づくりなど、充実した週末を過ごしているといいます。
アクロスホームの規格住宅は、住み手のライフスタイルを表現する自在なアレンジが最大の特長です。2020年からは、従来以上に間取りの自由度を高めるオプション「+B O X」も仲間入り。デザインや設備だけでなく、ガレージやスカイバルコニーなどのニーズに合わせた空間をプラスすることで、より暮らしの満足感を高める提案です。
小島&神畑ベースのモデルハウスで得られる、リアルな使い勝手や暮らし心地の実感を軸に、世界に一つだけの「毎日ワクワクできる暮らし」をつくってみませんか?

+BOXが叶えたプライベートガーデンで遊ぶ家

洗面室に連続する広いランドリールームも、小島ベースでヒントを得た。

+BOXが叶えたプライベートガーデンで遊ぶ家

L字型のウッドデッキにつながる寝室。建物とウッドフェンスが目隠しとなり、プライベート感を高めている。

PLAN

BinOLOAFER+BOX

  • 延床面積

    119.24㎡(36.07坪)

  • 1F床面積

    72.87㎡(22.04坪)

  • 2F床面積

    46.37㎡(14.02坪)

PLAN

※この記事は住まいnet信州Vol.35を再編集したものです。