新しい生活、新しい働き方

New Work-Style

CONCEPT

あなたに合った

“おうちしごと”を
考える

新しい生活様式により、在宅ワークが以前よりも浸透してきました。 とはいえ、いざお家で仕事をするとなると悩ましいことがたくさん。

  • 家族や子どもがいる中でなかなか仕事に手がつかない
  • ビデオ通話にプライベートの空間を映したくない
  • 仕事モードのON・OFFをはっきりと切り替えたい
などなど、人によってその悩みは様々。

あなたに合った、働くためのお家づくりを考えてみましょう。

WORK STYLE

WORK ROOM

ひとりでじっくり、集中する部屋

家でじっくり仕事をしたいけれど、リビングの片隅での作業では、長時間の集中やビデオ通話でのやり取りは難しい。
そんなあなたは、手頃な広さの個室をWORK ROOMとして活用しよう。
仕事とプライベートをはっきりと分けた空間なら、作業効率もグッと高まるはず。

長時間集中して作業をしたい
仕事に向けてON・OFFを切り替えたい
Web会議やビデオ通話で打ち合わせをしたい

PLAN

2階の屋根裏部分をWORK ROOMに。
十分な広さがあるので仕事道具や資料の置き場所には困らない。

+BOXをそのままWORK ROOMに活用。
作業に疲れたらデッキに出てリラックスしよう。

2階のストッカールームをWORK ROOMに。
広すぎず、狭すぎない。集中するのに最適な広さ。

WORK SPACE

家族とゆるく 繋がる空間

部屋としてしっかり作らなくても、囲われた空間があれば十分集中できるはず。空間を仕切ってWORK SPACEにしてみよう。
サッと作業に取り掛かり、気軽に休憩にはいる。効率的に働きたいあなたにピッタリな暮らし。

作業はしながら家族のようすを確認したい
作業スペースは広めに欲しい
作業の中断・再開を気軽にしたい

PLAN

2階ロフト部分をWORK SPACEに。
作業するのに十分な広さがあり、下を覗けばリビングにいる家族とやり取りもできる。

+BOXをそのままWORK SPACEに。
リビングと隣接しているので一日のちょっとした時間ですぐ作業に入れる。

キッチン横のパントリーをWORK SPACEに。
家事をしながら合間を縫って作業に入れる。隙間時間を有効活用しよう。

WORK DESK

みんなでつかう 共有デスク

昼間は仕事場、夜はお子さんの勉強スペース。
使っていない小さな空間は、皆で使う共有のWORK DESKにしてみよう。
広いスペースが無くても、パソコン作業や書類作成ならば十分事足りる。

PCで作業するスペースがあればいい
使っていない小さな空間を有効活用したい
仕事の時間外は家族で使いたい

PLAN

リビングの一角にWORK DESKを設置。
パソコン仕事なら十分な広さ。二人並んで一緒に作業も出来る。

階段下を箱階段にしてWORK DESKとして活用。
小さな箱も棚として機能するので、本や資料をたくさん収納できる。

リビングの一角にWORK DESKを設置。
家具の配置を工夫すれば、作業のスペースは十分に確保できる。

WORK CABIN

お庭につくる最高の仕事場

自分の作業に没頭するための最高の環境
誰にも何にも邪魔されない、自分だけの空間。
屋根の下にあるのは仕事に必要な物だけ。

生活空間と仕事空間を切り離したい
家を出る気分を味わいたい
一人だけの完全な個室が欲しい

PLAN

お庭の空いたスペースにWORK CABINを建てて、作業に必要なものを全て詰め込めば、あなただけの専用空間に。 デスクとパソコンがあれば仕事が出来る方には2畳タイプ、仕事道具がたくさんある方には8畳タイプも。

2BASES

ワークスタイルの参考になる2つのBASEを見学しよう。
平屋暮らしの魅力が満載の"小島BASE"と、変化に富んだ建物が並ぶ"神畑BASE"。スタイルの異なるBASEを巡れば、きっと新しい生活のヒントがみつかるハズ。

小島BASE

平屋暮らしの魅力が満載の小島BASEには、COVACO・LOAFER2棟のモデルハウスに加え、ガレージやピザ窯、工夫を凝らした外構など見どころがたくさん。

場所:上田市小島294-3

T E L: 0268-75-8730

内覧:10:00~17:00

定休:毎週水曜日、第1・3火曜日、祝日

神畑BASE

ZERO-CUBE・MALIBU・Mamanが立ち並ぶ神畑BASE。
変化に富んだアイテムがちりばめられ、一通りまわるだけで自分にぴったりの暮らしが見つかる。

場所:上田市神畑59

T E L: 0268-75-7646

内覧:10:00~17:00

定休:毎週水曜日、第1・3火曜日、祝日