FLOW

家づくりの流れ

理想の家づくりには、
最良のプロセスが必要です。

自分らしい家がほしいと思っても、何から着手すればいいのかわからない人は多いと思います。安心して家づくりを進めるためにも、はじめに全体的な流れを把握しておきましょう。ここでは、アクロスホームの家づくりのプロセスについてご紹介します。

01

情報収集からスタート

気になる会社の情報を集めよう

家に求めるものや価値観は人それぞれで違います。大きさや部屋数、デザイン、価格はもちろんですが、安心・快適に暮らすための基本性能、施工力、検査体制、アフターフォローなども重要なポイントです。
理想の家づくりを叶えてくれる住宅会社はどこなのか。アクロスホームだけでなくいろいろな会社の情報を収集し、ご家族でどんな暮らしがしたいか、どんな家ならそれが叶うかを話し合ってみてください。

  • 住宅性能の数値化
  • 第三者による検査体制
  • 保証
  • アフターフォロー
  • 地域での実績
02

カタログの無料ダウンロード

気になったら
カタログをダウンロードしよう

多様なニーズにお応えできるよう、アクロスホームでは個性豊かな4つの規格住宅ブランドを用意しています。カタログはすべて無料でダウンロードが可能。「あっいいな」と感じたらすぐにご覧いただけるよう、個人情報入力などの面倒な手間は一切省きました。まずは気になるブランドを気軽にチェックしてみてください。

03

モデルハウス見学

気に入ったら
モデルハウスで体感しよう

アクロスホームの家づくりに共感していただけたら、等身大のモデルハウスへお越しください。展示場は上田市内に2カ所。車で5分ほどの近さなので、1日に全5棟のモデルハウスを巡ることもできます。ご見学は営業時間内ならいつでもどうぞ。予約なしでも結構ですが、ご予約いただければ資料を準備してお待ちしております。リアルサイズの家を楽しく体感しながら、暮らしのイメージを思いきり膨らませてみませんか?

04

資金計画相談と
住宅ローンの事前審査

大まかなマネープランを立てよう

暮らしと家のイメージがだいたい決まったら、次は大まかな資金計画に入ります。まずはいくらくらいの家を購入できるかという「購入予算」と、収入に合わせた「返済プラン」を考えていきます。銀行で事前に借入れ可能な金額を確認(事前審査)しておくと、その後の家づくりが安心して進められます。

05

土地のご相談

土地を探して購入する
土地がある人は敷地・地盤調査

すでに建築希望の敷地をお持ちの方は、敷地調査と地盤調査を行ないます。これから土地をお探しの方には立地の条件や学区などのご要望を詳細に伺い、土地探しとご購入のお手伝いをさせていただきます。

06

設計プランの作成

建物配置、プラン、間取りを検討しよう

理想の暮らしのイメージや将来のライフプランなど、お客様のご要望をていねいにヒアリングした上で、建物の配置計画、プラン選び、間取りなどの検討に入っていきます。

07

お見積もり・資金計画書提出

無理のない資金計画を立てよう

プランを選び間取りや仕様が決まったら、詳細なお見積もりとともに資金計画書をご提示いたします。せっかくマイホームを手に入れても、ローンの返済によって生活が苦しくなっては本末転倒です。幸せな毎日を過ごしていただくために、無理のない返済計画をご提案しています。

08

本契約の締結

建築請負契約を結びます

間取り、お見積もり、ご予算に納得いただき、ご承認いただけたら、当社と工事の本契約を交わしていただきます。

09

詳細仕様の打ち合わせ

アレンジで家づくりを楽しもう

仕様の詳細を時間をかけてていねいに確定していきます。壁・床・建具の素材や色、窓の大きさ、設備機器のセレクト、照明、電気配線など、必要であればショールームなどへも足を運び、ご要望に合わせて練りこんでいきます。

10

各種書類作成と申請

行政へ建築確認申請等を行います

建設予定地の市町村へ「建築確認申請」や各種申請書・図面を提出し、建築基準法に適合していると認められれば、建築確認済証の交付を受けます。

11

銀行手続き

必要書類提出後、正式な審査を経て契約となったら、住宅ローンの正式な手続きに入ります。借り入れの手続きには担当者も同行するので安心です。

12

地鎮祭

工事の安全を祈願して地鎮祭を執り行います。一般的には、吉日とよばれる大安や友引、先勝の午前、先負の午後に行うのが縁起が良いとされますが、都合がつかなければ調整も可能です。地鎮祭には施主、神主、設計者、施工会社の担当者が立ち会います。費用は10万円前後。お供え物・玉串料・榊・升・半紙などを用意します。

13

着工

地鎮祭が終わったら、いよいよ工事が始まります。工事が始まったら、できれば週に1回程度は現場に足を運んで、進捗状況などを確認しましょう。
また着工前には、近隣住民の皆さんへ挨拶を済ませます。騒音などで迷惑をおかけすることへのお詫びとお近づきの印として、タオルなどを添えて足を運びましょう。

14

上棟

柱や梁などの骨組みが完成して屋根がかかったら、お施主様の意向により、工事の安全を祈願して上棟式を行います。近年では簡単な挨拶程度で済ませ、ご祝儀だけ渡すスタイルもあります。

15

第三者監査

第三者監査による厳しい監査

工事の途中、施工品質基準手引書に基づいて、7〜9回にわたる第三者機関による監査を行います。万一、基準に適合しないところがあれば、きっちりと是正工事を行なって改善します。1工程ずつクリアしない限り次の工程には進めない仕組みです。

16

完成とお引き渡し

念願のマイホームが完成!
お引き渡しへ

建物が完成したら自社での検査終了後、お施主様ご自身により完成した新居を隅々までご確認いただきます。キッチン、バスルーム、その他の住宅設備や性能などについて説明をさせていただき、鍵と保証書をお引き渡しいたします。

17

アフターメンテナンス

いつまでも快適に暮らすために

お引き渡し後、3ヶ月・1年・2年・5年・10年のタイミングで定期点検を確実に実行します。3ヶ月と10年点検は弊社の担当者が直接伺い点検します。その他は専門業者が定期点検に伺います。点検データは住宅履歴システム、データベースにてアクロスホームが保管し、その先のメンテナンスなどに役立てていきます。